無料法律相談

借金の相談(債務整理・任意整理、自己破産、個人再生)、

交通事故(被害者側)に関するご相談は無料です。

民事法律扶助

当事務所では、日本司法支援センター(法テラス)の民事法律扶助をご利用になられます。民事法律扶助とは、経済的にお困りの方が法的トラブルにあったときに、無料で法律相談を行い、(「法律相談援助」)、弁護士・司法書士の費用の立替えを行う(「代理援助」「書類作成援助」)制度です。債務整理のご相談、特に自己破産の案件では多くご利用いただいております。ただし、資力基準等の要件がありますので、詳しくは弁護士にご相談ください。

住 所

東京都墨田区

太平4-9-3

 

最寄駅

 

墨田区

錦糸町

電 話

03

5819-0055

 

江東区亀戸からお越しの方、

都バスが便利です。

太平4丁目下車徒歩0分

1 まず最初にすべきこと 

建築工事による騒音や振動等の公害防止の観点から、騒音防止法や震動規制法が制定されています。これを受けて、各都道府県は、規制地域を指定した上で、その地域において適用される規制基準を定めていますので、各市町村の担当部課にて確認するとよいでしょう。市町村長は、施工業者に改善の勧告や命令を発することができます。

 各自治体は、工事が始まってしまった場合でも騒音や振動の程度を測定することができます。また、建築工事による影響を立証するために、工事前の建物内外の状況等を写真等に残しておきます。その上で、建設会社や施主と間で工事協定の締結に向けて話し合います。その際には、同じ被害を受けている人との連携を図ることが重要になります。この話し合いにおいて、建設会社から、図面や工事日程表、施工方法に関する資料等の開示をしてもらいます。

2 話し合いで解決できない場合

 当事者間での話し合いで解決が図れない場合には、役所によるあっせん、裁判所の調停、弁護士会のあっせん、仲裁等を利用することもできます。

3 差止請求・慰謝料請求の可否

 現在では、生活妨害・公害事件の違法性判断基準として、「受任限度論」が裁判実務において定着しています。通常人が一般社会セ割譲受任すべき限度を超えていると認められる場合には、違法な権利侵害と認められます。

 建築工事騒音における受任限度の判断要素としては、以下のような事情が考慮されます。

東京都墨田区錦糸町・押上  近隣トラブル(騒音・振動)に関する相談で弁護士をお探しならアライアンス法律事務所にお任せ下さい。

東京墨田区太平4-9-3第2大正ビル1階 アライアンス法律事務所


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
東京墨田区錦糸町・押上  相続、交通事故、債務整理、離婚、労働といった暮らしの法律問題から企業法務まで、弁護士をお探しならアライアンス法律事務所までお問い合わせください。 東京都墨田区太平4-9-3第2大正ビル 電 話03(5819)0055 代表弁護士 小川敦也(東京弁護士会所属) 亀戸からお越しの方はバスが便利です。