無料法律相談

借金の相談(債務整理・任意整理、自己破産、個人再生)、

交通事故(被害者側)に関するご相談は無料です。

民事法律扶助

当事務所では、日本司法支援センター(法テラス)の民事法律扶助をご利用になられます。民事法律扶助とは、経済的にお困りの方が法的トラブルにあったときに、無料で法律相談を行い、(「法律相談援助」)、弁護士・司法書士の費用の立替えを行う(「代理援助」「書類作成援助」)制度です。債務整理のご相談、特に自己破産の案件では多くご利用いただいております。ただし、資力基準等の要件がありますので、詳しくは弁護士にご相談ください。

住 所

東京都墨田区

太平4-9-3

 

最寄駅

 

墨田区

錦糸町

電 話

03

5819-0055

 

江東区亀戸からお越しの方、

都バスが便利です。

太平4丁目下車徒歩0分

1 企業の倒産兆侯を掴み連鎖倒産を防

  業が倒産する理由は多々ありますが,その中の一つが連鎖倒産です。「連鎖倒産」とは,取引先が倒産し、売掛金などが回収できなくなり、そのために経営が行き詰まり倒産することをいいます。結局,企業倒産は資金ショートによって起きるのですから,取引先の動きを常に把握し,迅速に対応する必要があります。

  倒産に近い兆侯としては以下のようなものがあります。

(1)銀行への緊急借入要請

(2)街金融から借り入れをしている

(3)手形のジャンプを要請・期限支払の遅延

(4)資産の投げ売り・換金

(5)販売先への前倒支払の要請

2 倒産兆侯を掴む方法

  倒産兆侯を掴むためには,結局,取引先との関係を緊密にしていくことです。

(1)取引先と定期的な往訪を欠かさない

(2)取引先から得られた決算書等の諸資料と営業マンが接見聞きした情報 がかい離していないかをチェックする

(3)第三者(調査期間,同業他社,銀行等)からの情報収集・分析

3 倒産兆侯が発覚した場合の対応

  取引先に倒産兆侯が出た場合,他の債権者もこれを知れば,我先にと債権回収を図ってくるはずですから,以下の点について,迅速に対応する必要があります。

(1)取引先の現状把握

(2)決済条件の短縮化交渉

(3)担保の取得交渉

(4)出荷の停止・制限

4 倒産とは

  ひと口に「倒産」といっても,(1)清算型と再建型(2)法的整理と私的整理に分類できます。

 「清算型」は、企業が営んでいた事業を廃業し、企業そのものを消滅させる手続です。「再建型」は、債務の切捨て等を行い、事業を存続させる手続です。

  また,倒産処理を法律に則って行う手法を「法的整理」、裁判所を通さずに処理を行う手法を「私的整理」といいます。法的整理には、破産法・会社更生法・民事再生法・特別清算(会社法)があります。私的整理とは、債務者である企業が主要債権者と協議の上、債務整理を行う手法です。

5 倒産手続きと債権回収

 取引先が法的整理をとるのか私的整理をとるのかによって,債権者の取るべき対応は変わってきます。

 

代金請求

契約解除

 担保権

  相 殺

法的整理

保全処分により,個別の債権回収は不可

債務不履行に基づく契約解除は可能

原則可能

但し,制約される場合あり

原則可能

 但し,

制約あり

私的整理

  可能

 同上

  可能

  可能

6 債権回収ならアライアンス法律事務所へ

  債権回収は,取引先の状況に応じて,迅速かつ適切に行使しなければなりません。回収を急ぐあまり,適切な手続きを踏まないと,かえって損害を拡大してしまうこともあります。アライアンス法律事務所は,状況に応じた債権回収をスピーディーに実現致します。

総武線沿線,半蔵門線沿線,東京都墨田区錦糸町・押上 

経営(債権管理・債権回収)に関する法律相談で弁護士をお探しならアライアンス

法律事務所にお任せ下さい。

東京墨田区太平4-9-3第2大正ビル1階 アライアンス法律事務所

JR錦糸町駅より徒歩5分 半蔵門線錦糸町駅より徒歩3分

押上駅より徒歩10分

JR亀戸駅よりバスで5分

 


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
東京墨田区錦糸町・押上  相続、交通事故、債務整理、離婚、労働といった暮らしの法律問題から企業法務まで、弁護士をお探しならアライアンス法律事務所までお問い合わせください。 東京都墨田区太平4-9-3第2大正ビル 電 話03(5819)0055 代表弁護士 小川敦也(東京弁護士会所属) 亀戸からお越しの方はバスが便利です。