無料法律相談

借金の相談(債務整理・任意整理、自己破産、個人再生)、

交通事故(被害者側)に関するご相談は無料です。

民事法律扶助

当事務所では、日本司法支援センター(法テラス)の民事法律扶助をご利用になられます。民事法律扶助とは、経済的にお困りの方が法的トラブルにあったときに、無料で法律相談を行い、(「法律相談援助」)、弁護士・司法書士の費用の立替えを行う(「代理援助」「書類作成援助」)制度です。債務整理のご相談、特に自己破産の案件では多くご利用いただいております。ただし、資力基準等の要件がありますので、詳しくは弁護士にご相談ください。

住 所

東京都墨田区

太平4-9-3

 

最寄駅

 

墨田区

錦糸町

電 話

03

5819-0055

 

江東区亀戸からお越しの方、

都バスが便利です。

太平4丁目下車徒歩0分

<グーグル>検索結果の一部削除を命令 東京地裁仮処分

<グーグル>検索結果の一部削除を命令 東京地裁仮処分

 ◇日本人男性の237件削除要請に、地裁は122件認める

 

1 事案

 大手検索サイト「グーグル」の検索で自分の名前を検索すると、犯罪に関わっているかのような表現をした検索結果が出てくるのはプライバシー侵害に当たるとして、日本人男性が米グーグル本社に削除を求めて仮処分を申請した。男性の代理人弁護士によると、男性は237件の検索結果の削除を求めた。

 

2 結果

東京地裁が9日付で検索結果の一部を削除するよう命じる決定を出したことが分かった。

地裁はうち122件について削除を認めた。検索結果のタイトルやURL、抜粋部分の削除を命じた。地裁はグーグルについて「サイト管理者である以上、削除義務があるのは当然」などと判断し、プライバシー侵害を認めた。グーグル側は対象部分の122件について削除する意向を男性側に示したという。

 

3 参照

 グーグルの同種の訴訟では、単語を入力すると関連語句を予測表示する「サジェスト機能」が名誉毀損(きそん)に当たるとして、東京地裁がグーグルに表示の差し止めや慰謝料の支払いを命じ、その後に2審で退けられた例がある。

【山本将克】毎日新聞20141010日(金)09:47



概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
東京墨田区錦糸町・押上  相続、交通事故、債務整理、離婚、労働といった暮らしの法律問題から企業法務まで、弁護士をお探しならアライアンス法律事務所までお問い合わせください。 東京都墨田区太平4-9-3第2大正ビル 電 話03(5819)0055 代表弁護士 小川敦也(東京弁護士会所属) 亀戸からお越しの方はバスが便利です。