無料法律相談

借金の相談(債務整理・任意整理、自己破産、個人再生)、

交通事故(被害者側)に関するご相談は無料です。

民事法律扶助

当事務所では、日本司法支援センター(法テラス)の民事法律扶助をご利用になられます。民事法律扶助とは、経済的にお困りの方が法的トラブルにあったときに、無料で法律相談を行い、(「法律相談援助」)、弁護士・司法書士の費用の立替えを行う(「代理援助」「書類作成援助」)制度です。債務整理のご相談、特に自己破産の案件では多くご利用いただいております。ただし、資力基準等の要件がありますので、詳しくは弁護士にご相談ください。

住 所

東京都墨田区

太平4-9-3

 

最寄駅

 

墨田区

錦糸町

電 話

03

5819-0055

 

江東区亀戸からお越しの方、

都バスが便利です。

太平4丁目下車徒歩0分

舞鶴少女殺害:64歳被告に逆転無罪判決 大阪高裁平成24年12月12日

事 案

京都府舞鶴市の高校1年、Kさん(当時15歳)が08年5月6日夜、自宅を出たまま行方不明になり、府警が8日朝、自宅から約7キロ離れた同市内の雑木林で遺体を発見した。顔などを激しく殴打され、失血死だった。府警は同年11月、現場近くに住むN被告を窃盗容疑で逮捕し、09年4月に殺人などの容疑で逮捕。京都地検が殺人と強制わいせつ致死の罪で起訴した。

争 点

凶器などの物証がなく状況証拠の評価が争点

結 果

大阪高裁は、無期懲役とした1審・京都地裁判決を破棄し、無罪を言い渡した。

理 由

状況証拠の信用性を否定。目撃証言については「証言者が警察の調べの際に被告の写真を見て影響を受け、検察官の調べを繰り返し受けるうち記憶が変容し、被告の特徴と整合する内容にまで変遷した」と指摘した。

遺留品に関する被告の捜査段階の供述については「遺留品の種類は報道されており(被告が述べた)色や形状などは際だった特徴がなく推量で言い当てたとしても不自然ではない」と指摘。さらに「取調官が知っている遺留品の特徴に合致する内容が出るまで供述を求め、被告の供述に影響を与えた可能性は否定できない」と言及し、捜査のあり方を厳しく批判した。

その上で川合裁判長は、状況証拠で有罪認定する場合の基準を示した10年4月の最高裁判決を踏まえ、被告が犯人でなければ説明できない事実関係が含まれていないと判断し、被告を無罪とした。

出 典

毎日新聞 20121212日 1051

http://mainichi.jp/select/news/20121212k0000e040129000c.html 

刑事弁護に関するご相談で弁護士をお探しなら、墨田区錦糸町・押上 アライアンス法律事務所までお気軽にご相談ください。詳しくはこちら


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
東京墨田区錦糸町・押上  相続、交通事故、債務整理、離婚、労働といった暮らしの法律問題から企業法務まで、弁護士をお探しならアライアンス法律事務所までお問い合わせください。 東京都墨田区太平4-9-3第2大正ビル 電 話03(5819)0055 代表弁護士 小川敦也(東京弁護士会所属) 亀戸からお越しの方はバスが便利です。