無料法律相談

借金の相談(債務整理・任意整理、自己破産、個人再生)、

交通事故(被害者側)に関するご相談は無料です。

民事法律扶助

当事務所では、日本司法支援センター(法テラス)の民事法律扶助をご利用になられます。民事法律扶助とは、経済的にお困りの方が法的トラブルにあったときに、無料で法律相談を行い、(「法律相談援助」)、弁護士・司法書士の費用の立替えを行う(「代理援助」「書類作成援助」)制度です。債務整理のご相談、特に自己破産の案件では多くご利用いただいております。ただし、資力基準等の要件がありますので、詳しくは弁護士にご相談ください。

住 所

東京都墨田区

太平4-9-3

 

最寄駅

 

墨田区

錦糸町

電 話

03

5819-0055

 

江東区亀戸からお越しの方、

都バスが便利です。

太平4丁目下車徒歩0分

リスケジュール

リスケジュール(リスケ)による企業再生

 「リスケジュール」とは、金融機関と交わした債務返済条件(約定返済)を変更する方法です。一定期間、金利のみの返済にしてもらったり、返済回数を増やして1回ごとの返済額を少なくし、当面の資金繰りを楽にするといった方法があります。

リスケジュールのメリット・デメリット

メリット

デメリット

●キャッシュフローが改善する

●金融機関以外の一般取引先に知られず債権が可能

×金融機関から新規の融資を受けることが難しくなる

×信用保証協会付き融資の場合には、新たに保証料が発生する

×金融機関から、金利引き上げ、追加担保、保証人を求められることがある

×金融機関の回収が強化されることがある

リスケジュールの流れ

リスケジュールに必要な資料

必要な資料

(1)金融機関とリスケの交渉をするにあたり必要な資料として主なものは以下のようなものです。

 ①返済条件変更依頼書

 ②事業計画書(経営改善計画書)

 ③資金繰り表(リスケ前、リスケ後)

 ④リスケ後の返済計画書

(2)経営改善計画書

経営改善計画書」とは、自社の経営状態を改善する方法について、具体的な数値で計画した書類をさします。

 この経営改善計画書は,具体的な根拠に基づいたもの,かつ現実的なものでなければならないのは言うまでもありません。

 具体的には,まず,なぜ業績が悪化したのかについての分析が必要です。そして,それに対する改善策を講じます。その改善策がどんな効果をもたらすのか,具体的な数字で表すことも重要です。そして,その改善策をいつ始め,いつまでに終了できるのか,その責任者は誰なのかも明らかにして置く必要があります。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
東京墨田区錦糸町・押上  相続、交通事故、債務整理、離婚、労働といった暮らしの法律問題から企業法務まで、弁護士をお探しならアライアンス法律事務所までお問い合わせください。 東京都墨田区太平4-9-3第2大正ビル 電 話03(5819)0055 代表弁護士 小川敦也(東京弁護士会所属) 亀戸からお越しの方はバスが便利です。