無料法律相談

借金の相談(債務整理・任意整理、自己破産、個人再生)、

交通事故(被害者側)に関するご相談は無料です。

民事法律扶助

当事務所では、日本司法支援センター(法テラス)の民事法律扶助をご利用になられます。民事法律扶助とは、経済的にお困りの方が法的トラブルにあったときに、無料で法律相談を行い、(「法律相談援助」)、弁護士・司法書士の費用の立替えを行う(「代理援助」「書類作成援助」)制度です。債務整理のご相談、特に自己破産の案件では多くご利用いただいております。ただし、資力基準等の要件がありますので、詳しくは弁護士にご相談ください。

住 所

東京都墨田区

太平4-9-3

 

最寄駅

 

墨田区

錦糸町

電 話

03

5819-0055

 

江東区亀戸からお越しの方、

都バスが便利です。

太平4丁目下車徒歩0分

情状弁護

情状弁護とは

 起訴事実に間違いない場合であっても,刑事弁護(情状弁護)は必要です。「情状弁護」とは、簡単にいえば,有罪を前提に刑を軽くしてもらう刑事弁護活動です。

情状弁護の意義

情状弁護の意義

(1)正しい事実認定を得るため

 有罪という結果自体は変わらなくても,犯行態様を誇張して認定され,その結果,必要以上に重い刑を科されたとしたら,それも一種の冤罪です。情状弁護は,犯罪事実に対し,検察官とは別の角度から光を当て,正しい事実を浮き彫りにし,被告人に有利な事情を引き出す活動でもあります。  

(2)被告人に反省を促し,社会復帰を促す

 誤解を恐れずに言えば,被告人は死刑にならない限り,再び社会に出て行くのです。被告人が社会で受け入れられ,自立して生きていくためには,被告人に反省を促し,被告人の更生を図ることが必要不可欠なのです。それが,家族の願いであり,社会の思いでしょう。情状弁護は,単に被告人の量刑を軽くするための活動に留まるものではなく,被告人に心からの反省を促し,その後の生き方を共に考える活動です。

具体例

Aさんは(75歳)は,20歳で上京して以来,何度も無銭飲食や万引き等を繰り返し,人生の3分の1近くを刑務所で過ごしてきました。今回,万引きで逮捕されたのは,九州の刑務所を出所してわずか1週間後でした。

 Aさんと初めて接見したとき,Aさんは「こんな万引き程度で警察に通報した方がおかしい。何を反省する必要があるんだ。今回は4~5年だよ。どうせこのまま刑務所で死ぬんだから,反省しなくても同じだろう。」と自暴自棄気味でした。Aさんには兄弟がいましたが,度重なるAさんの不義理の結果,関係は完全に途絶えてしまっていたことも,Aさんが自暴自棄になっている原因の一つでした。

 弁護士は,①Aさんが高齢で,持病を抱えていること,②被害金額が小さいこと等を考慮すれば,他に何らかの情状事実があれば,懲役4~5年まではいかないであろうと考えました。しかし,被害金額は数百円程度でしたが,被害弁償をするだけの資力もAさんには無かったので,被告人に被害者へ謝罪文を書くように説得しました。最初は,「この程度で通報する方が悪い。どうせ生きて刑務所を出れないんだから」と頑なに拒んでいたAでしたが,これは「本当は生きて刑務所を出たい」というAさんの強い気持ちから来るものでした。そこで,弁護士から,心から反省していることを裁判官に分かってもらえれば,もっと軽い罪になるであろうことを時間をかけて説得し,何とか謝罪文を書いてもらうことができました。

 その結果,反省・更生の余地なしとして2年6月の懲役を求刑されましたが,反省していることが伺われるとして2年の懲役となりました。Aさんからは,「2年なら生きて刑務所を出られる。生きる意欲が湧いてきた。」と言っていただきました。

総武線沿線・半蔵門線沿線,東京墨田区錦糸町・押上 

刑事弁護に関する相談で弁護士をお探しなら、アライアンス法律事務所まで

お問い合わせください。

東京都墨田区太平4-9-3 第二大正ビル1階 


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
東京墨田区錦糸町・押上  相続、交通事故、債務整理、離婚、労働といった暮らしの法律問題から企業法務まで、弁護士をお探しならアライアンス法律事務所までお問い合わせください。 東京都墨田区太平4-9-3第2大正ビル 電 話03(5819)0055 代表弁護士 小川敦也(東京弁護士会所属) 亀戸からお越しの方はバスが便利です。